世界の優れたバレエ映像から学ぶビデオグラファー。おそらく日本で唯一のリアルタイム色温度変換と、カメラワークにこだわりを持つビデオ業者です。

2016年12月1日木曜日

4台のカメラによる撮影成功

【2018年1月7日更新】
 縦横無尽にカメラワークをしながら撮るメインカメラと、意味のある長所を生かした三種類の構図のサブカメラが大活躍。「動」と「静」、風林火山の動かざること山の如しのように、動かないからこそ頼れ安心する映像に、躍動感あふれるメインカメラのカメラワークが見事にマッチング致しました。
 また、サブカメラ3台を1台の三脚に乗せる事が出来ましたので、メインカメラの三脚とで2台になり、満席が予想される客席の中でも省スペースで機材セッティング出来ております。これにより、チケット販売による公演でも主催者様の許可を快くいただけるようになりますね。
【2017年新カメラで始動】
メインカメラがAG-AC160Aになりました。

【風林火山の如く撮影】
◎風林火山(Fu-Rin-Ka-Zan)の如く撮影
1)風のように素早く動く
ダンサーの登場が上手なのか下手なのか分からない時でも、見た瞬間に素早く動き構図を決めます。
2)林のように静かに構える
裃からクロスで交互に登場するシーンでも静かに構え、滑らかなカメラワークにより1秒でも長く映せるようにしています。
3)火のような激しい勢いで侵略したり・・・
リフト&リプカや男性ダンサーの躍動感ある演技の後の膝付き決めポーズでも、キレのあるカメラワークでダンサーとシンクロして無駄の少ない構図に寄ります。
4)山のようにどっしりと構えて動かない
カメラワークするメインカメラ以外は、構図の違う3台の固定カメラであり、撮りこぼしが無く無駄の少ない構図を選択できます。